業務内容

成年後見業務

成年後見は判断能力が不十分な成年者を保護するための制度です。
法定後見と任意後見があり、法定後見は本人や家族等が家庭裁判所に開始の審判を申し立てて行うもので、任意後見は本人が任意後見の受任者との契約によって行います。